学生の風俗アルバイト問題について

自分で勝手に駐車してくれる車

自動車の進化はめざましく、多くの自動車メーカーで自動車の運転を機械でコントロール(制御)する技術が開発・確立され、実用化が進んでいるそうです。そうした自動運転技術で可能となることの例として、運転手が必要でなくなる、無人化することで、車の走行中に本を読んだり、休んだり、他の仕事ができるようになる。

廃車 買取

また目の不自由な人や高齢者、飲酒した人でも自由に移動手段として利用できるようになるということです。そうした中で自動駐車システムを使うことによって、駐車場などの目的地で降車すると、あとはシステムが駐車可能スペースを探し自動で駐車することが可能になるとも言われています。

●あしたをつかめ●学校放送●

こうした自動駐車システムは、すでにトヨタの一部の車種やドイツのアウディ社も自動駐車システムを発表、実験や一部搭載を開始したと報じられています。アウディ社の場合は携帯のスマートフォンの専用アプリの操作で、車が無人で駐車場に入り空きのある駐車スペースを見つけて駐車するというものです。トヨタやアウディの自動駐車システムは自律走行技術と呼ばれる技術が活用されていますが、この技術と併せてもう一つの仕掛けが用意されているそうです。

オートマ車のギア。セカンドやローの正しい使い方は? : 性能・安全・仕組み : 質問BOX : クルマとエコのなるほどBOX : @CARS : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

このシステムが機能するためには、駐車場建物の各所に大量のレーザースキャナー(スキャナーから照射されたレーザーによって、対象物の空間 位置情報を取得する計測器)を組み込み、これを活用するようにする点にあります。この仕組みが有効に機能するには建物自体にこうした設備を設置する必要があります。すなわち駐車場建物そのものや付帯駐車場基盤にかなりの投資が必要となり、古い駐車場設備のままでは使えないということにもなります。